福岡 借金整理

福岡で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

福岡で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

 

福岡で借金整理の無料相談をしたいという場合は、福岡に対応している弁護士に無料相談をして、あなたの状況に最適な借金整理の方法を教えてもらってください。

 

借金の原因や月々の返済額、返済能力などは人それぞれ違いますので、あなたの状況に最適な借金整理の方法を提案してくれる弁護士にまずは相談することをおすすめします。
借金整理の専門家として豊富な知識と経験のある弁護士と一緒に借金の悩みを解決しましょう。

 

まずはこちらの法律事務所に無料でメール相談をして福岡で借金整理の一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

【福岡県全域対応】福岡で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所

 

福岡で借金整理の無料相談を考えているなら、まずはこのサイトで紹介している法律事務所にメールで相談してみてください。あなたの借金状況に最適な解決方法が見つかります。

 

匿名可能・ニックネーム可能ですので実名を入力することなく気軽に診断できます。
また住所も入力する必要がないので家族や会社にばれるという心配もありません。

 

以下の法律事務所は福岡市を含めた福岡県全域に対応していますので、弁護士に無料相談をして借金をキレイに整理できる方法を見つけましょう。
もうひとりで悩むのは止めて弁護士と一緒に解決を目指しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

もし、任意整理や個人再生をするのであれば、債権者が和解交渉に応じてくれることが必須になります。

任意整理であれば、任意整理を行う債権者を1社ごとに選ぶので、ひとつひとつの債務について和解交渉をすることになります。

ですが、法的な強制力があるわけではないので、交渉できない債権者もいます。

個人再生のケースでは、任意整理の場合と異なり、複数の債務を一度に減額することになります。

ですが、再生計画案に債権者の半数以上が賛成しなければ許可されません。

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせたら、これからもキャッシングを利用したりすることができるのでしょうか。

難しい問題ですが、債務整理が終わった後、しばらくは金融機関のローンや借入をするのはできなくなります。

一度でも債務整理をすると、事故歴アリとして短くとも5年はブラックリストに情報が載ってしまうので、この期間中はローンやキャッシングはもちろん、分割払いやETCカードの購入も諦めるしかありません。

もし、債務整理を行っても、身内の人が辛い思いをする点については、心配いりません。

家族が所有している資産や財産はそのままですし、ローンが組めなくなったりするといったことはありえないでしょう。

ですが、問題になるのは、保証人が家族の場合です。

この場合は、家族が本人の債務を負うことになるため、家族が苦しい思いをすることになります。


債務の減額のみならず、場合によっては一切の債務を帳消しにもできるのが債務整理の特徴です。

しかし、自己破産はもちろん、返済義務が残る個人再生の場合も、官報へ住所氏名が記載されることは免れません。

一般人で官報をよく見る人なんていませんから、デメリットというほどでもないのかもしれませんが、官報といえば、ほぼ永久的に保管される記録ですし、公示公告の類は誰でも閲覧できるのが特徴です。

いったん手続きを開始すれば後戻りはできませんから、もしどうしてもやらなければいけないにしても、じっくり考える時間をもちましょう。

混同している人も多いので説明しますと、弁護士以外に、司法書士でも債務整理は可能です。

とはいうものの、原則140万円以下の債務に限るという制限があるため、減額交渉をしようという段階で債務の額が遅延賠償を含め140万超となってしまった場合、法律上、司法書士の身分では手続きを継続することができません。

そもそも計算が出来ていれば回避できる問題ですし、司法書士に債務整理の依頼を出す場合は債務額の把握というのが不可欠です。

任意整理で和解に達しても、借金が残るので、返済していく必要があります。

弁護士費用をかけて債務整理したけれど、肝心の減額が思うようにできなかったということも少なくないようです。

こんなはずではなかったと後悔しないよう、債務整理を行う前にはじっくり検討する必要があるでしょう。

無償でこのような内容の相談に乗ってくれる弁護士事務所なども存在しますし、専門知識のある人のアドバイスを聞いてみるのも良いでしょう。


借金をしている親戚や友人がいて、その保証人になっている場合、仮に債権者が取り立てようとしてきても支払いを拒否して債務者の方に行ってもらえばOKです。

ですが、債務者が自己破産や個人再生により債務整理を行い、支払いの一部または全部を放棄したとなると、債権者は保証人に対して残りの返済額分の取立てを始めます。

これには保証人は拒否権を持ちませんが、債権者との交渉次第では分割払いにしてもらう事は不可能ではありません。

返済の目途が立たない借金を整理しようという試みが債務整理ですが、各種税金に関してだけはどうしても整理できません。

自己破産に関して定めている破産法にも免責されない債権に租税請求権があたることが書かれています。

国民の三大義務ともなっている納税義務は自己破産に至っても放免されるものではありません。

しかし、役場でいきさつを伝えて場合によっては分納を考慮してもらえる事があります。

任意整理には無縁であり、個人再生には緩い基準しかないため、問題とされることがそうそうないものの、債務整理を自己破産で行う時には、財産隠しは禁忌の一つです。

破産申立の時に所持が許される現金と資産は法律で最大限度が定めてあります。

基準を超えた分は処分しなければいけないのですが、もし隠していた事がばれてしまうと免責が認められないことはもちろんもしかすると詐欺罪に問われるという事もありえます。