福岡 借金整理

福岡で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

福岡で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

 

福岡で借金整理の無料相談をしたいという場合は、下にある借金診断シミュレーターを使って福岡で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所を見つけて下さい。

 

借金の原因や月々の返済額、返済能力などは人それぞれ違いますので、あなたの状況に最適な借金整理の方法を提案してくれる弁護士にまずは相談することをおすすめします。
借金整理の専門家として豊富な知識と経験のある弁護士と一緒に借金の悩みを解決しましょう。

 

まずはこちらの借金診断シミュレーターを使って福岡で借金整理の一歩を踏み出しましょう。

 

 

※借金診断シミュレーターで見つかる弁護士事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

【福岡県全域対応】福岡で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所

 

福岡で借金整理の無料相談を考えているなら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。

 

匿名可能・ニックネーム可能ですので実名を入力することなく気軽に診断できます。
また住所も入力する必要がないので家族や会社にばれるという心配もありません。

 

借金診断フォームは福岡市を含めた福岡県全域に対応していますので、あなたの家の近くにある弁護士事務所を見つけて借金整理の無料相談から始めましょう。
もうひとりで悩むのは止めて弁護士と一緒に解決を目指しましょう。

 

 

※借金診断シミュレーターで見つかる弁護士事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

一度債務整理を始めると、専門家に依頼していても、短くとも数ヶ月は終わらないでしょう。

ですが、この数ヶ月の間に金利や延滞損害金が増えるといったことはありません。

もし任意整理や個人再生で減額を認められたとしても、返済可能な分の債務が残ります。

この返済分については、利息がつくことはありませんが、もし、返済期日に間に合わなくなると、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるため返済期日は確実に守るようにしましょう。

債務整理によって、本人以外の家族に影響が及ぶことはあるのでしょうか?実際のところ、債務者以外の家族に問題が生じることはないです。

家族の財産も処分されたり、金融機関でローン審査をパスできなくなることは絶対にありませんから安心してください。

とはいえ、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。

債務整理をすると、保証人である家族が返済義務を負うことになるので、気を付けなければなりません。

このところ、債務整理を行って借金を整理する人も多いようです。

借金地獄からは解放されるものの、ある程度の期間はローンやクレジットカードの契約ができなくなるといったデメリットがあることを忘れてはいけません。

そして、誰もが気になるのがブラックになってもアパートやマンションの賃貸契約が結べるのかということでしょう。

実際のところ、賃貸契約できる物件とできない物件があります。

選択の幅は少し狭まってしまうとはいえ、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。


債権者による返済の催促や取立てが行われている状態で任意整理や個人再生といった手続きを開始すると弁護士等から借入先あてに受任通知が送付され、受け取った時点で督促はおろか単なる連絡行為なども禁止となります。

もし督促や連絡などがあれば違法行為ですので、担当する弁護士に即、相談し、対応してもらいます。

依頼者が応対しなければいけない理由はないですし、手続きが終わるまでは相手をするべきではないのです。

自己破産、個人再生、任意整理といった債務整理は、本人が処理できないこともないのですが、手法としては現実味がありません。

仮に任意整理を自分でしようと思っても、個人の話で債権者が納得するわけがないですし、大幅な減額を見込んだ個人再生を行う時も、提出書類は相手が納得してくれるように書かなければいけません。

これが自己破産となると更に時間も手間もかかります。

債務整理というのは結局のところ、実績のある弁護士や司法書士にお願いするのが妥当なのです。

自己破産では借金が免責になりますが、免責の決定がなされるまでは一定の職種について就業できないことがあります。

不動産業者(宅建取引主任者)、生命保険や損保、証券会社等の外交員がそれです。

もし自分がその職種に該当する場合、裁判所に自己破産の申し立てを行った時から免責決定までの期間中はその業務をすることは禁止されています。

ただし、自己破産以外の債務整理の場合は、資格や職業の制限はありませんから、自己破産ならではの特徴といえます。


自己破産は借金をゼロにできると言っても、一部の支払いは免責されません。

債務整理は破産法に準じて運用されますが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務が継続します。

代表的なものとしては各種税金、養育費、罰金などがあります。

ただ、似たような扱いがされそうに思えますが、非免責事項に養育費は含まれていますが、離婚の際の慰謝料は場合によって免責されることがあります。

借金をしている親戚や友人がいて、その保証人になっている場合、もし債権者からの取立てがあっても債務者に取立てを行うよう伝えて支払いを拒むことができます。

ところが、自己破産や個人再生で債務者が債務整理をして、返済の一部や全部を放棄してしまうと、債権者から未返済分の取立てが保証人に向かいます。

これには保証人は拒否権を持ちませんが、債権者とすり合わせを行って分割払いにできなくはありません。

他の債務整理の方法と同様、個人で手続きして過払い金の返還請求を行う事ができます。

この時、第一に取引履歴の開示を請求するのですが、ひょっとするとその際ゼロ和解の申し入れをされる場合があります。

残っている債務をゼロにしてこの話の幕引きにしませんかという申し入れです。

聞き入れる場合、取引履歴の開示前では発生している過払い金がどれだけなのか不明に終わってしまいます。

易々とゼロ和解をOKしてしまうと結果的に損となるリスクがあります。