京都 借金整理

京都で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

京都で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

 

京都で借金整理の無料相談をしたいという場合は、京都に対応している弁護士に無料相談をして、あなたの状況に最適な借金整理の方法を教えてもらってください。

 

借金の原因や月々の返済額、返済能力などは人それぞれ違いますので、あなたの状況に最適な借金整理の方法を提案してくれる弁護士にまずは相談することをおすすめします。
借金整理の専門家として豊富な知識と経験のある弁護士と一緒に借金の悩みを解決しましょう。

 

まずはこちらの法律事務所に無料でメール相談をして京都で借金整理の一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

【京都府全域対応】京都で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所

 

京都で借金整理の無料相談を考えているなら、まずはこのサイトで紹介している法律事務所にメールで相談してみてください。あなたの借金状況に最適な解決方法が見つかります。

 

匿名可能・ニックネーム可能ですので実名を入力することなく気軽に診断できます。
また住所も入力する必要がないので家族や会社にばれるという心配もありません。

 

以下の法律事務所は京都市を含めた京都府全域に対応していますので、弁護士に無料相談をして借金をキレイに整理できる方法を見つけましょう。
もうひとりで悩むのは止めて弁護士と一緒に解決を目指しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

過去の返済時に過払い金が発生していた場合は、債務整理の必要がなくなるかもしれません。

簡単に説明すると、過払い金は違法な金利で支払わされた利息のことです。

最近まで20%を超える違法な高金利で融資をするような業者がたくさんありましたから、ここでお金を借りていた人は違法な利息を払わされていたのです。

この払い過ぎた分が過払い金です。

これを返還してもらえば、今ある借金を返せるかもしれません。

債務整理をするなら、いくらくらいの借金がある人が適切なのかという点は、答えにくい問題です。

借金が数十万といった額であれば、他の業者などで融資を受け、返済することもできるでしょう。

とはいえ、多重債務者であることに変わりはありませんから、融資してくれる業者は簡単には見つからないかもしれません。

何にせよ、早々に弁護士事務所を訪ねて、実際に債務整理しなければならない状態なのかを客観的に見てもらうのが最善の方法だと思います。

司法書士と弁護士はどちらも債務整理を請け負ってくれますが、基本的に、弁護士に依頼すると良いでしょう。

司法書士では1社からの借金が140万円より多い場合の債務整理に関与できません。

その一方で、弁護士の場合は債務額の上限はありませんし、裁判での心証がプラスになります。

弁護士であれば、債務整理手続きに入ってから、すぐに取り立てをやめさせることも期待できます。


受任通知の宛先として銀行を含む債務整理をすると、当該銀行に本人名義の口座がある場合、凍結という措置が取られるはずです。

凍結すれば引き出しは出来ませんし、預金があるなら債務の返済が可能なためです。

とはいうものの、自己破産をした場合には同じ預金でも残高が20万円を超えない範囲は借金の返済に充てなくても良いと定められているため、この上限を超えた額だけが負債の支払いに充てられます。

ただ凍結が解除されないと、家賃や光熱費の引き落しができません。

給料を差し押さえされている間にその債権者を含んだ債務整理を行えば、今まで続いていた差し押さえは解除となります。

ただ、あいにく任意整理をした際には解除しなければいけないという決まりはないので、差し押さえられた状態が続きます。

急いで和解を成立できるよう司法書士や弁護士には頑張ってもらい、現在の差し押さえ状態の解除に結び付けないことには、身動きがとれなくなってしまいます。

最近では任意整理をするときは、手続き開始から債権者と和解に至るまで、依頼した弁護士事務所の口座などに一定額のお金を毎月積み立てることが少なくありません。

債務整理をお願いすると交渉中の借入先への返済がいったんなくなりますから、そこで支払うはずだったお金を積立金として貯めていき、和解が済んでからの弁護士報酬に充当するのです。


既にある利息とこの先発生する利息がカットされて元金だけを残して返済を行う方法が、任意整理という債務整理の方法の一種です。

債権者との話し合いで、折り合いがつけば、利息が免除される分、支払総額が減りますから、月々に返済しなければならない額を軽減できます。

元金がそのままの額では返済が困難な人は、個人再生と呼ばれる他の方法による事になるでしょう。

過去には出資法に従い、利息制限法の定めを超える利率での貸付が日常茶飯事でした。

利率が利息制限法の上限から出資法の上限に収まっている貸付はグレーゾーン金利と呼ばれます。

現時点では利息が利息制限法の上限よりも高い場合、違法な貸付です。

したがって、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。

これを過払い金請求と言います。

債務整理と一言で言われはしますが、自己破産、民事再生、任意整理は個々に独自のメリットを持っています。

第一に自己破産はあらゆる借金から逃れてまっさらな状態から再スタート出来ます。

次に民事再生は住宅ローンを除いた借金の元金圧縮が可能で、家など資産については引き続き保有できます。

それから任意整理では月々に返済する額を債権者と話し合って決めることが可能で、またその取引利率や借金の期間によっては過払い金の返還請求が可能です。