岡山 借金整理

岡山で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

岡山で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

 

岡山で借金整理の無料相談をしたいという場合は、岡山に対応している弁護士に無料相談をして、あなたの状況に最適な借金整理の方法を教えてもらってください。

 

借金の原因や月々の返済額、返済能力などは人それぞれ違いますので、あなたの状況に最適な借金整理の方法を提案してくれる弁護士にまずは相談することをおすすめします。
借金整理の専門家として豊富な知識と経験のある弁護士と一緒に借金の悩みを解決しましょう。

 

まずはこちらの法律事務所に無料でメール相談をして岡山で借金整理の一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

【岡山県全域対応】岡山で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所

 

岡山で借金整理の無料相談を考えているなら、まずはこのサイトで紹介している法律事務所にメールで相談してみてください。あなたの借金状況に最適な解決方法が見つかります。

 

匿名可能・ニックネーム可能ですので実名を入力することなく気軽に診断できます。
また住所も入力する必要がないので家族や会社にばれるという心配もありません。

 

以下の法律事務所は岡山市を含めた岡山県全域に対応していますので、弁護士に無料相談をして借金をキレイに整理できる方法を見つけましょう。
もうひとりで悩むのは止めて弁護士と一緒に解決を目指しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

一般的に、債務整理は弁護士に依頼します。

料金については、弁護事務所に電話したり、事務所のHPを確認すれば、どれくらいのお金を用意しなければならないか、分かると思います。

複雑な事情を抱えている場合、料金が加算されるケースもありますが、よほどの事がなければ、確認した料金の範囲で済ますことができるでしょう。

弁護士事務所次第で、料金体系や説明も変わるので、ご自身の状況合わせて柔軟に対応してくれる事務所を探すと良いでしょう。

過去の返済時に過払い金が発生していた場合は、債務整理の必要がなくなるかもしれません。

過払い金について知らない人がいるかもしれませんが、これは違法な金利で支払わされた利息のことです。

かつては貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、融資を受けた人は法定外の利息の付いたお金を返済していたことになります。

これが過払い金と呼ばれるものです。

過払い金を返還請求すれば、債務の負担が減らせる可能性があります。

債務整理の手続きは複雑で時間がかかるものなので、完了するまで数ヶ月はみておく必要があります。

ですが、この期間中は延滞損害金や金利が付くことはないです。

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合、債務は減額されますが、支払を続けることになります。

この債務についても、金利はかかりません。

けれども、こちらの債務も延滞するようになると、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるため気を付けてください。


一口に債務整理といっても3通りあり、デメリットの少ない順に任意整理、個人再生、収入がない時に適用される自己破産などがあります。

この中でも任意整理と個人再生については、安定収入のない人は手続きできません。

なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は借金の減額を目的としているため完済まで月々返済していかなければなりません。

返済を滞りなく行うために、安定した収入があることが不可欠なのです。

あらためて計算しなおした過払い金をその時点での債務と相殺するのが特定調停の特徴です。

ただ注意すべきことに、過払い額が負債額より大きいときはこの調停の場合はそれを返金してもらえるということはなく、単に負債が無くなるというだけです。

ですから過払い金の額のほうがどう見ても多いというのであれば、特定調停で相殺するとお金が戻ってきませんから、返金が見込める過払い金請求のほうが効果的です。

個人再生や自己破産の場合、手続きを開始した時点で全ての借入先(債権者)がその対象となるのですが、減額交渉がメインの任意整理の場合は債権者ごとに別々に処理していくので、全部の債権者に対して交渉するのではなく、たいていは減額効果の高い債権者を筆頭に手続きをすることになります。

ただし、交渉は強制力がありませんから、もし債権者がいやだと言えば減額できないこともあるのです。


信用情報機関に事故情報が記録されることを言う通称ブラックリスト入りと、自己破産や個人再生では個人情報が官報に掲載されてしまうことが債務整理をして抱えることになるリスクです。

けれども、いくらか時間が経てば事故情報の記録は消去されますし、官報をいつもいつも読んでいる人などほとんどいません。

他には、借金時に保証人となった人がいる場合はその人にとってかなりの厄介事となる可能性が高いです。

債務整理を一度したことのある人が再度の債務整理をするなら、債務整理を最初に行ったときにとった方法によって手続きに違いが出てきます。

個人再生もしくは自己破産の方法をとった人については、以降7年間は二度目の債務整理は行えません。

かたや、任意整理だと期間の条件はなしです。

一般に債務整理を二回目に行おうとしたときは一回目に比べ認可されにくいもので、それが二度目の自己破産の場合は特に相当な難しさになるでしょう。

その他の債務整理の方法とは一線を画し、自己破産は一切の借金がなくなる強力な方法です。

けれども、どんな人でも申立をすればできるという訳ではなく、裁判所から免責許可が出なければできません。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、申立を行った当人の財産の有る無し次第です。

もし、無い時は決定が下されるまでは概ね3ヶ月ですが、もし有れば管財事件となり債権者への財産の分配が行われるため、場合によっては1年もかかります。