大津 借金整理

大津で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

大津で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

 

大津で借金整理の無料相談をしたいという場合は、下にある借金診断シミュレーターを使って大津で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所を見つけて下さい。

 

借金の原因や月々の返済額、返済能力などは人それぞれ違いますので、あなたの状況に最適な借金整理の方法を提案してくれる弁護士にまずは相談することをおすすめします。
借金整理の専門家として豊富な知識と経験のある弁護士と一緒に借金の悩みを解決しましょう。

 

まずはこちらの借金診断シミュレーターを使って大津で借金整理の一歩を踏み出しましょう。

 

 

※借金診断シミュレーターで見つかる弁護士事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

【滋賀県全域対応】大津で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所

 

大津で借金整理の無料相談を考えているなら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。

 

匿名可能・ニックネーム可能ですので実名を入力することなく気軽に診断できます。
また住所も入力する必要がないので家族や会社にばれるという心配もありません。

 

借金診断フォームは大津市を含めた滋賀県全域に対応していますので、あなたの家の近くにある弁護士事務所を見つけて借金整理の無料相談から始めましょう。
もうひとりで悩むのは止めて弁護士と一緒に解決を目指しましょう。

 

 

※借金診断シミュレーターで見つかる弁護士事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

以前、借金地獄に陥り、数百万円の借金を負ってしまいました。

勤めていた会社が倒産したことが大きな要因です。

もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、生活するためにキャッシングを利用せざるを得ない状況でした。

少し経ってから就職はできたのですが、それまでの借金の返済が苦しく、結果的に債務整理で借金を処分しました。

今は、普通に暮らせているので幸せです。

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。

ここで言う過払い金とは、返済時に払い過ぎた利息のことを指します。

2008年の法改正以前は、罰則がないという理由で違法な高金利でサービスをしていた業者が多かったので、借りた人は法定外の利息を払わされていたことになります。

この払い過ぎた分が過払い金です。

発生していた過払い金を返還してもらえば、今の借金の返済に充てることができるでしょう。

債務整理をすると、本人はブラックになり金融関係のサービスに制限がかかりますが、債務者以外の家族に問題が生じることはないです。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、ローンが組めなくなったりすることは、まずないでしょう。

とはいえ、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、こういう訳にはいかないでしょう。

債務整理をすると、保証人である家族が返済義務を負うことになるので、家族にも大きな影響が及ぶと言えます。


任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をしたという実績があれば、JICCやCICなどの個人信用情報に記載されるのは間違いありません。

その結果、新規のローンなどは不可能ですし、すでにクレジットカード等を持っている場合も、利用停止になっているでしょう。

当面は新たにカードを作成することもあきらめなければいけないでしょう。

一方、既に契約している債務の場合、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、支払いがなくなることはありません。

すべての司法書士が債務整理を扱えるわけではなく、法務大臣の認定を受けた司法書士以外は、いかなる債務整理も取り扱うことは許されていません。

また、司法書士が扱う任意整理は借入先1件ごとの債務額が最大140万円まで(利息込)と制限されています。

もうひとつの違いは代理人です。

自己破産や個人再生を行う場合、弁護士が債務者の代理人になれるのに対し、代理人に司法書士を充てることは不可能ですので、依頼主自身が裁判所に行かなければいけません。

自己破産の手続きを開始すると、裁判所に申し立てを行った日から免責が確定する間は一部の職業において就労の制限があります。

保険や証券の外交員、士業の一部、古物商、宅地建物取引業者など意外に広範囲です。

それらの業種や資格保有者については、免責と自己破産の申し立てをしてから破産手続きの終了まではその業務をすることは禁止されています。

債務整理でも個人再生や任意整理の場合は、就労に関しては特に制限はありません。


家族にわからないように債務整理をするのはどんな方法をとるかによって難易度が変わります。

任意整理の場合には手続きを全て自分で行うという事態を避ければほとんど家族にばれることはありません。

ところが、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、そのうちばれてしまう可能性が高いです。

勤務先については、債務整理の方法に何を選ぼうと知られずにいる事は不可能ではありません。

借金を背負っていて債務整理中に離婚が決まった時は、その借金が生活費に充当させるものだったなど婚姻生活から生まれたものだと財産分与の際、対象に含まれて分割されます。

財産に含まれるのはプラスの資産のみでは無く、マイナスでも財産は財産なのです。

ただし、それが婚姻前から存在する夫か妻の借金の場合や、たとえ婚姻中にできたものでもギャンブルなどによる個人的な借金なら財産分与の対象外です。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、返済が完了している借金について債権者に払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。

この返還請求をするには事前準備として以前に借り入れをした金額が確認できるような取引履歴の書類が求められます。

取引の履歴によって、利息がいくらなら妥当なのかがわかるため、多く支払われていた利息を返してもらうことができます。