高松 借金整理

高松で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

高松で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

 

高松で借金整理の無料相談をしたいという場合は、高松に対応している弁護士に無料相談をして、あなたの状況に最適な借金整理の方法を教えてもらってください。

 

借金の原因や月々の返済額、返済能力などは人それぞれ違いますので、あなたの状況に最適な借金整理の方法を提案してくれる弁護士にまずは相談することをおすすめします。
借金整理の専門家として豊富な知識と経験のある弁護士と一緒に借金の悩みを解決しましょう。

 

まずはこちらの法律事務所に無料でメール相談をして高松で借金整理の一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

【香川県全域対応】香川で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所

 

高松で借金整理の無料相談を考えているなら、まずはこのサイトで紹介している法律事務所にメールで相談してみてください。あなたの借金状況に最適な解決方法が見つかります。

 

匿名可能・ニックネーム可能ですので実名を入力することなく気軽に診断できます。
また住所も入力する必要がないので家族や会社にばれるという心配もありません。

 

以下の法律事務所は高松市を含めた香川県全域に対応していますので、弁護士に無料相談をして借金をキレイに整理できる方法を見つけましょう。
もうひとりで悩むのは止めて弁護士と一緒に解決を目指しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

急な出費の助けになるカードローンですが、使い方を誤ると借金が膨らんでしまうことがあります。

これ以上の返済が不可能になった時に利用したいのが債務整理です。

任意整理は裁判所を通しませんが、そのほかの債務整理なら、法的な手続きを経たうえで借金を減らすことができます。

そのため、返済の負担や取り立ての重圧から逃れ、安定した日常を送れるようになります。

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。

ここで言う過払い金とは、業者に返済し過ぎた利息のことです。

かつては20%を超える違法な高金利で融資をするような業者がたくさんありましたから、債務者は法定外の利息の付いたお金を返済していたことになります。

この過剰に払った分が過払い金です。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、借金の返済資金に使うことができます。

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、いったいどのくらいの時間を費やさなければならないのでしょうか。

当然ですが、債務整理の中でもどの方法を選択したかで所要時間が変わってきます。

ですが、どのような方法を取った場合でも、絶対に3か月は必要になります。

当然ですが、債権者の数が増えると手続きにも時間がかかりますから、1年近くかかるケースや、場合によってはそれ以上の時間が必要になる可能性もあります。


強制執行で給料の一部を差し押さえられている場合、差押えをしている債権者を含む債務整理をすると、今まで続いていた差し押さえはピタッと解除されるのですが、必ずしもそうとは限りません。

あいにく任意整理をした際には強制執行(差押え)を止めるという決まりはないので、給与の差し押さえは続くことになります。

和解交渉を急いで行い、差し押さえ解除に持ち込まないと身動きがとれなくなってしまいます。

任意整理では比較的よく聞く話ですが、受任通知を送付してから手続き終了までの間、司法書士や弁護士事務所などに積立金をするといったケースがあります。

積立金の第一の使途は弁護士報酬です。

手続きが始まると債権回収業者や金融機関への返済がいったんなくなりますから、その資金を毎月積み立てていき、和解手続きが終了したあとの成功報酬として弁護士事務所等に支払い、残った分は債務の返済に充当するわけです。

いかなる債務整理の場合も手続きに着手した時点から貸主からの督促や連絡行為はピタッと止みます。

ただ、自己破産と個人再生を行う際は対象が全債権者となりますが、任意整理は全てを対象とするわけではなく、債権者を選んで減額交渉を行うのが普通です。

ですから対象外の借入先からの督促や取り立ては止めることができませんから、注意が必要です。


家族にわからないように債務整理をするのはどんな方法をとるかによって難易度が変わります。

任意整理の場合には手続きを全て自分で行うという事態を避ければほとんど家族にばれることはありません。

ところが、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、そのうちばれてしまう可能性が高いです。

勤務先については、債務整理の方法に何を選ぼうと知られずにいる事は不可能ではありません。

借金を背負っていて債務整理中に離婚が決まった時は、その借金が生活費に充当させるものだったなど婚姻生活から生まれたものだと財産分与の際、対象に含まれて分割されます。

財産に含まれるのはプラスの資産のみでは無く、マイナスでも財産は財産なのです。

ただし、それが婚姻前から存在する夫か妻の借金の場合や、たとえ婚姻中にできたものでもギャンブルなどによる個人的な借金なら財産分与の対象外です。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、返済が完了している借金について債権者に払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。

この返還請求をするには事前準備として以前に借り入れをした金額が確認できるような取引履歴の書類が求められます。

取引の履歴によって、利息がいくらなら妥当なのかがわかるため、多く支払われていた利息を返してもらうことができます。