東京 借金整理

東京で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

東京で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

 

東京で借金整理の無料相談をしたいという場合は、東京に対応している弁護士に無料相談をして、あなたの状況に最適な借金整理の方法を教えてもらってください。

 

借金の原因や月々の返済額、返済能力などは人それぞれ違いますので、あなたの状況に最適な借金整理の方法を提案してくれる弁護士にまずは相談することをおすすめします。
借金整理の専門家として豊富な知識と経験のある弁護士と一緒に借金の悩みを解決しましょう。

 

まずはこちらの法律事務所に無料でメール相談をして東京で借金整理の一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

【東京都全域対応】東京で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所

 

東京で借金整理の無料相談を考えているなら、まずはこのサイトで紹介している法律事務所にメールで相談してみてください。あなたの借金状況に最適な解決方法が見つかります。

 

匿名可能・ニックネーム可能ですので実名を入力することなく気軽に診断できます。
また住所も入力する必要がないので家族や会社にばれるという心配もありません。

 

以下の法律事務所は23区を含めた東京都全域に対応していますので、弁護士に無料相談をして借金をキレイに整理できる方法を見つけましょう。
もうひとりで悩むのは止めて弁護士と一緒に解決を目指しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

任意整理は、和解交渉で減額された債務を毎月払い続けます。

その際に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、残りの債務を一括で返済したり、繰り上げて返済するといった対応が取れるでしょう。

この時、任意整理の際に頼った弁護士事務所などがあれば、債権者への連絡は、再度、この弁護士などから連絡をしてもらった方が良いでしょう。

自営業の人が債務整理をした場合には、注意点があります。

個人再生を行った段階で、帳簿の上での売掛金が現金化されていない場合は、財産として扱われます。

1000万円の債務がある自営業者のケースでは、債務整理で個人再生をしたら、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

ただ、売掛金として100万円がある場合は、この売掛金の5分の1が返済額にプラスされるので、合計220万円の債務となります。

債務整理の中でも、裁判所を通す自己破産や個人再生をしたのなら、確実に官報に個人情報が載るでしょう。

官報は国の発行している新聞のようなもののことで、自己破産の場合だと二度、個人再生を行った人は三度、官報に公告されます。

この期間は約1ヶ月ですが、そもそも官報の存在は一般的に知られておらず、ほとんどの人は閲覧しません。

任意整理をしたケースでは100%掲載されません。


収入がある人が債務者の場合、過払い金を再度計算し、今の債務額と相殺を行うことを目指す債務整理のことを特定調停と言います。

ちなみに過払いした額が債務の額より多い場合は、特定調停の場では払い過ぎた分が債務者に戻ってくることはなく、負債が棒引きになるだけで、けしてプラスにはなりません(ゼロ状態)。

計算して、過払い金がそれなりにあると予測がつくのでしたら、相殺目的の特定調停などはせず、最初から過払い金請求を行った方が良いでしょう。

返済がどうにもならなくて自己破産を行わなければならなくなったら、貯金、預金、積立などは残高に係らずすべて申請しなければいけません。

合計額が20万円を超えた分は原則として債権者への返済金にするわけですが、これは自己破産ならではのシステムです。

しかし、そうだからといって資産を隠そうだなんて考えないでください。

手続きの過程でそれがバレたりすると、最悪の場合は自己破産しているのに免責は許可されなくなる可能性もあります。

ときには借金の減額だけでなく、返済がすべて免除となる債務整理ですが、利点がある一方で、個人再生と自己破産については裁判所を通す以上、官報へ住所氏名が記載されることは免れません。

官報と聞いてピンとくる人が少ないように、普段から見るものではないものの、官報は長期にわたって保管され、文書でもネットでも公開されています。

債務整理の履歴というのは必ず残りますし、もし行うのであればそれでいいのか改めて考える時間が必要です。


債務整理の方法全てと変わらず、過払い金返還請求も自分で手続きが可能です。

この時、最初に取引履歴の開示請求を行いますが、もしかするとその際にゼロ和解の申し出をされるかもしれません。

つまり、残債をゼロにする代わりにこの話は解決としませんかと言ってくるのです。

もし取引履歴を確認する前にOKしてしまえば発生している過払い金がどれだけなのか知らずにいることになります。

軽はずみにゼロ和解をすると結果的に損となるリスクがあります。

近年、インターネットを利用して債務整理の相談に対応する弁護士事務所も中にはよく見られます。

都合のいい事務所が近隣にはないと悲嘆していないで、ひとまずネットという手を使って自分が置かれた状況をメールで相談することも考えるべきです。

任意整理ならば電話と郵送だけで手続きを終えることも不可能ではないので、積極的にまずはスタートラインに立ちましょう。

一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには方法の選択肢があります。

元金はそのままで延滞損害金や利息の免除を要望するのか、はなから元金の減額が不可欠なのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。

状況が人によりけりなのでどの方法が都合がいいかも異なるでしょう。

自力で手続きしようと思えばできますが、懸念事項が少なくないなら専門知識を持つ弁護士や司法書士がよい相談相手になりますよ。