和歌山 借金整理

和歌山で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

和歌山で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

 

和歌山で借金整理の無料相談をしたいという場合は、和歌山に対応している弁護士に無料相談をして、あなたの状況に最適な借金整理の方法を教えてもらってください。

 

借金の原因や月々の返済額、返済能力などは人それぞれ違いますので、あなたの状況に最適な借金整理の方法を提案してくれる弁護士にまずは相談することをおすすめします。
借金整理の専門家として豊富な知識と経験のある弁護士と一緒に借金の悩みを解決しましょう。

 

まずはこちらの法律事務所に無料でメール相談をして和歌山で借金整理の一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

【和歌山県全域対応】和歌山で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所

 

和歌山で借金整理の無料相談を考えているなら、まずはこのサイトで紹介している法律事務所にメールで相談してみてください。あなたの借金状況に最適な解決方法が見つかります。

 

匿名可能・ニックネーム可能ですので実名を入力することなく気軽に診断できます。
また住所も入力する必要がないので家族や会社にばれるという心配もありません。

 

以下の法律事務所は和歌山市を含めた和歌山県全域に対応していますので、弁護士に無料相談をして借金をキレイに整理できる方法を見つけましょう。
もうひとりで悩むのは止めて弁護士と一緒に解決を目指しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

債務整理によって、本人以外の家族に影響が及ぶことはあるのでしょうか?実際のところ、本人以外の身内が不利益を被ることはないようです。

家族名義の財産が没収されたり、金融サービスの審査に受からなくなるといったことはありえないでしょう。

けれども、債務の保証人が家族になっている場合は、この限りではありません。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、注意してください。

最近では、債務整理を行う人も珍しくありません。

債務整理をすると、増えすぎた利息の重荷からは解放されますが、金融機関のローンやクレジットカードの利用が不可能になるといったデメリットがあることを忘れてはいけません。

そして、誰もが気になるのがアパートやマンションの賃貸契約など、住まいに関する契約にも影響が出るのかどうかということでしょう。

現状としては、賃貸契約できる物件とできない物件があります。

選択の幅は少し狭まってしまうとはいえ、ブラックでも借りられるところはありますから、その点については心配ないでしょう。

債務整理の中でも、特定の債権者を外して整理ができる任意整理と違って、これ以外の債務整理では、今ある借金すべてを整理するために手続きをします。

法の手続きをとっていない任意整理では、主に、相手方との交渉で進んでいくので、場合によっては、債権者が取り合ってくれないこともあるでしょう。

ご自身で任意整理を進めるより、専門家に代理人になってもらう方がスムーズに交渉が進みますが、この場合は、すべての借入状況を担当者に伝えてください。

もし、きちんと言わないと、信頼してもらえず、債務整理が失敗することもあります。


すべての司法書士が債務整理を扱えるわけではなく、法務大臣の認定を受けた司法書士以外は、案件として債務整理を引き受けることはできません。

そして任意整理を司法書士に依頼する際は、手続きをする際に債権者1社あたりの債務の金額が遅延損害金等も併せて140万円以下である必要があります。

そのほか、個人再生や自己破産などを行う際は、依頼者の代理人になれる弁護士とは異なり、司法書士は代理人として赴くことはできないことになっていますから、裁判所に行くのは債務者本人ということになります。

裁判所を介さない任意整理ならともかく、個人再生、自己破産等の手段を債務整理時に選んだ場合は、司法書士は弁護士にように債務者の代理人にはなれません。

というわけで、司法書士というのは計算したり必要書類を整えたりという仕事をすることになります。

たとえば裁判所に申立てに行くのも本人ということになりますし、裁判所で質問されたことには自分で答える必要があります。

自己破産で特に管財案件である場合などはやはり弁護士に依頼しないと、依頼者側がすることが多く、面倒なようです。

決済日に返済できないでいると、債権者から翌日に確認があります。

その際、いつ支払うかを約束すれば、あとでしつこく電話がかかってくることもありません。

しかし、もしその期日に約束を果たさないと、また借入先から督促の連絡が入るようになり、やがて訴訟に発展する可能性もあります。

失業や病気で支払い能力がないなど、いつまでも返済の目処がたたない場合は、債務整理を視野に考えてみてはいかがでしょう。


返済の目途が立たない借金を債務整理で整理することができるわけですが、整理する事ができないものとして唯一各種税金が挙げられます。

自己破産に関して定めている破産法にも非免責事項として租税請求権が認められています。

国民の三大義務ともなっている納税義務は自己破産をしたから免除というわけにはいきません。

しかし、役所の担当者に事情を話し分納を勘案してもらう事はできるでしょう。

債務整理と一言で言われはしますが、自己破産、民事再生、任意整理はそれぞれのメリットがあります。

自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らずゼロからスタートを切れます。

次に民事再生は住宅ローンを除いた借金の元金圧縮が可能で、家など資産については守ることができます。

任意整理ならば債権者との交渉次第で月にいくらずつ返済するかが決まり、加えて取引時の利率や期間次第では過払いとなっていたお金が戻ってくるかもしれません。

任意整理によって債務整理を行うことにした場合、返済にあたって延滞金や将来利息をカットしてもらう事ができます。

ところが、元金のカットも要求するとなれば、ハードルは高いでしょう。

担当の弁護士や司法書士がうまく交渉を運べば減額の可能性もなくはないものの、仮に元金の減額をOKすると債権者に損失となることは自明なので、普通は首を縦には振らないでしょう。