横浜 借金整理

横浜で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所はこちら

横浜で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

 

横浜で借金整理の無料相談をしたいという場合は、横浜に対応している弁護士に無料相談をして、あなたの状況に最適な借金整理の方法を教えてもらってください。

 

借金の原因や月々の返済額、返済能力などは人それぞれ違いますので、あなたの状況に最適な借金整理の方法を提案してくれる弁護士にまずは相談することをおすすめします。
借金整理の専門家として豊富な知識と経験のある弁護士と一緒に借金の悩みを解決しましょう。

 

まずはこちらの法律事務所に無料でメール相談をして横浜で借金整理の一歩を踏み出しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

【神奈川県全域対応】横浜で借金整理の無料相談ができる弁護士事務所

 

横浜で借金整理の無料相談を考えているなら、まずはこのサイトで紹介している法律事務所にメールで相談してみてください。あなたの借金状況に最適な解決方法が見つかります。

 

匿名可能・ニックネーム可能ですので実名を入力することなく気軽に診断できます。
また住所も入力する必要がないので家族や会社にばれるという心配もありません。

 

以下の法律事務所は横浜市を含めた神奈川県全域に対応していますので、弁護士に無料相談をして借金をキレイに整理できる方法を見つけましょう。
もうひとりで悩むのは止めて弁護士と一緒に解決を目指しましょう。

 

岡田法律事務所

 

※上記の法律事務所はヤミ金融に対応していませんので、もしヤミ金に関しての相談の場合は、以下の弁護士事務所・司法書士事務所がおすすめです。

 

ヤミ金に強い司法書士事務所はこちら
女性専用のヤミ金相談窓口はこちら

 

 

債務整理コラム

人には話したくないこともあると思いますが、弁護士に財産や債務をごまかしたりするようなことはNGです。

信頼関係が損なわれるどころか、債務整理が失敗する可能性もあります。

そもそも自己破産は、このまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証するわけです。

返済能力に偽りがあれば、債務整理も自己破産もできないうえ、債権を放棄した会社も納得しません。

嘘をつくことはデメリットしかありませんから、このようなことは考えないでください。

返済能力を超えた買い物をクレジットカードで行うと、結果的に支払いが困難になるでしょう。

一般的に、一括での支払いが無理ならば、毎月の返済額を少なくするリボ払いで返済を続けますが、その返済も難しくなることも少なくありません。

金銭的な余裕がなくなってくると、平穏な生活が送れませんから、債務整理で借金を整理し、返済を楽にしましょう。

当然ですが、債務整理にはデメリットもあります。

例えば、事故歴アリとして信用情報機関に情報が登録されます。

具体的にはブラックとして扱われるため、長期間、銀行や金融機関のローンやサービスを使うことが難しくなることを覚悟してください。

債務整理の場合、信用情報機関からデータが消されるまで5年はかかると理解しておきましょう。


返済の催告を無視して裁判を起こされたり、既に訴状が届いている場合も、必要に応じて債務整理をすることはできます。

そこで一般的に行われるのはその債権者を交渉相手とする任意整理となり、債務整理を始めると先方が訴訟を取り下げることもあり、そうなれば差し押さえなどは回避することができます。

そこから減額を交渉して双方の合意が得られれば、訴訟は取消しになり、交渉で決めた通りの返済を行い、完済を目指します。

一概に債務整理といっても種類があるのですが、中でも任意整理は裁判所を通さないという特徴があります。

残る2つは個人再生と自己破産ですが、これらは個人の思惑はどうあれ、裁判所を通さないことには処理できません。

ただ、絶対に本人が再三再四、裁判所に赴かなければいけないわけではありません。

依頼した先が弁護士事務所なら、個人再生はもちろん自己破産でも債務者の代理人として本来は出席すべき手続きを代行できるので、債務者本人の負担はかなり軽くなります。

クレジットカードの作成や各種ローンの申し込みの時に行われる審査で重要な役割を果たすのが個人信用情報です。

時にブラックリストなどと言われますが、ここには債務整理をした過去についても記載が残っています。

これがある間はいわゆるブラック状態でローンを新たに組むことは不可能です。

個人信用情報におけるこの記録の扱いは、自己破産の時は免責決定が下りてから起算し、個人再生や任意整理の手続きをした時は残債の返済が終わった時点を基準に、少なくとも5年間は残ります。


弁護士および司法書士は、あらかじめ債務整理の依頼を請け負う場合は担当者本人が絶対に債務者との個別面談の場を設けるよう、債務整理事件の処理についての規律をまとめた規定を日弁連が打ち立てています。

まずメールや電話で相談した上でというケースはありえるのですが、顔を合わせての面談なしで請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、この面談義務に反しているという事です。

万が一債務整理をした場合でも借金が金輪際できなくなるわけではありません。

ブラックリストから事故情報がなくなった後なら再度お金を借りられなくはありません。

しかし、任意整理中の身でさらに借りようとする事は最も控えるべき行為です。

まず借りられない確率が高いことと、それを担当弁護士あるいは司法書士に知られた暁には、もしかすると担当を辞されるかもしれません。

結婚や離婚が元で名字が変わった場合に、かつて行った債務整理の記録も仕切り直しになると思ってはいけません。

カードの入会申し込みで旧姓を書くところがあっても何も特別な事ではないですし、本人確認をする際用いられるのは氏名だけではないでしょう。

それに、万一、審査をくぐり抜けても、債務整理の記録が後日わかった場合はその時点でカードが停止されたり返還しなければならなくなる事もあるかもしれません。